中国語の勉強方法4選(独学/スクール/相互学習/留学)を解説

中国語にはいろんな勉強方法があります。

 

中国語を勉強してみたいと思っても、

「どうやって勉強したらいいの?」

「どんな勉強法があるの」

と迷ってしまいませんか?

 

この記事では、中国語の勉強方法としてどんなものがあるのかを提示します。

更に、自分にはどんな勉強方法が合っているのかをイメージしていただけるように、それぞれの勉強方法のメリット、デメリットを解説したいと思います。

 

中国語の勉強方法は下記の4つです。

 

  1. 独学で勉強する
  2. 中国語スクールを使う
  3. ネイティブの知り合いや友人に教わる
  4. 中国へ語学留学する

 

中国語を独学する

独学は費用が最低限で済むため、一番とっつきやすい勉強法だと思います。

独学の方法次第では、スクールなどよりも効果的に勉強することもできます。

しかし、話す練習ができないといった制約もあります。

そのため、まずは「発音と文法の知識」や「話すこと以外のスキル」を習得することを目指すのがいいと思います。

また、教材は参考書の他、アプリやウェブサイト、テレビ講座があります。

いずれにしても、大事なのは「発音と文法事項を網羅していること」です。

独学のメリット

独学のメリットは下記の3つです。

  • 費用が最低限で済む
  • 自分のペースで勉強ができる
  • 工夫次第でスクール以上に上達可能

金銭的にも時間的にも、一番実行しやすい勉強法です。

また、工夫や努力次第では、高額な中国語スクールに通うよりも効果的に勉強することができます。

もっといい方法を自分で試行錯誤するのが好きな方に向いているかもしれません。

独学のデメリット

独学のデメリットは下記の通りです。

  • 話す練習ができない
  • 継続しにくい
  • 誰でも上達するわけではない

最大のデメリットは、話す練習をしにくいことです。

「基本的な文法や単語は知っていて、読み聞きもできるけど話せない」ということになりがちです。

また、独学で続けるには強い気持ちが必要となります。

勉強法や教材を間違えるとなかなか進歩しない、というのも注意が必要なところです。

まずは知識の習得と読み聞きの練習を

独学で勉強できることは、「発音と文法の知識」と「読み聞きのスキル」だと思ってください。

とは言え、「発音」と「文法」が一通り身に付けば、その後の中国語学習はとてもシンプルになります。

発音と文法さえできれば、その後はたくさんの中国語を読んだり聞いたりして、インプットを増やすことに注力すればいいからです。

 

「話す練習はしなくていいの?」と思うかもしれませんが、確かに話すことも大事です。

確かに中国語に限らず、言語は話すことがメインですからね。

 

ただ、中国語の会話力は、それまでのインプットの質や量によって決まります。

そのため、話す練習をする前に、たくさんの中国語をインプットするのがおすすめです。

 

そして、中国語をインプットするためには、発音と文法事項を一通り知っている必要があります。

»参考:中国語をゼロから独学【最優先すべきは「発音」と「文法」です】

 

教材は本、アプリ、サイト、テレビ講座が一般的

独学するにはいろんな教材がありますが、主な教材は下記の4つでしょう。

 

  1. 参考書
  2. アプリ
  3. ウェブサイト(動画も含む)
  4. テレビの中国語講座

 

参考書は中国語を独学で勉強するために欠かせません。

今は中国語の参考書が多数売られていますので、自分に合ったものを選ぶといいですね。

おすすめは、「CD付属で、全ての文法事項を網羅しているもの」です。

 

アプリやウェブサイト、テレビの中国語講座は、参考書と比べると包括的でない分、メインの教材としては物足りないかもしれません。

が、無料で活用できるものが多いです。

まずは無料でやってみて、楽しくてもっと勉強してみたいと思ったら参考書も買ってみるといいですね。

»参考:中国語独学おすすめの勉強法【1人でも上達できた4つのステップ】

 

中国語スクールに通う

中国語スクールに通う方法は、独学と比較すると上達しやすいというメリットがあります。

反面、費用がかかる、スクールによって上達速度に差があるというデメリットもあります。

スクールに通学するタイプとオンラインでレッスンをするタイプとがあり、レッスンのシステムなど全体的に違いがあります。

いずれにしても、まずは体験レッスンを受けてみて、しっかりしたスクールを選ぶことが重要です。

スクールのメリット

中国語スクールを利用することのメリットは下記の通りです。

  • 先生が「中国語を話す練習」の相手になってくれる
  • 分からない箇所を質問することができる
  • ちゃんとした先生なら、勉強の方向性を示してくれる
  • ちゃんとしたスクールなら、上達のための教育メソッドが確立されている

総じて、「独学と比較して上達しやすい」ことがスクールのメリットと言えます。

スクールのデメリット

スクールのデメリットは下記の通りです。

  • お金がかかる
  • スクールによって上達スピードに差がある

中国語スクールは当然ながらお金がかかります。

スクールを検討するなら、それを必要な投資だと思えるかどうかが鍵になります。

むしろ最大のデメリットは、スクールによって上達スピードに差があることだと思います。

個人によっても上達スピードに多少の差はあるものですが、スクールのカリキュラムによる差も大きいように感じます。

例えば、中国留学レベル(HSK4級レベル)までいくのに、あるスクールは2年間のカリキュラムが必要、またあるスクールは1年間でOK、という感じです。

通学とオンラインの2種類

中国語スクールには、通学するタイプとオンラインでレッスンをするタイプの2種類があります。

通学タイプのスクールは、下記のような方に適しています。

  • 会話はface to faceがいい
  • 予算は高くても大丈夫
  • 時間と場所はある程度固定できる

一方、オンラインスクールが向いているのは、下記のような方です。

  • 予算をできるだけ抑えたい
  • 時間と場所を自由に決めたい
  • 画面越しの会話でも気にならない

他の言い方をするなら、通学タイプは効果重視、オンラインは利便性&予算重視ということになるかもしれません。

自分に合った方を選ぶ

通学とオンラインのどちらにするかは、自分に合った方を選ぶようにするといいでしょう。

レッスンの勝手、スケジュールの組み方、そして値段も異なるからです。

 

例えばレッスンの勝手でいくと、伝統的なface to face形式がいいなら通学です。

ビデオ通話で問題なければ、利便性や安さで勝るオンラインスクールがいいかもしれません。

ただ、どちらが自分に合っているのかは判断しにくいと思います。

 

おすすめは、気になるところの無料体験レッスンをいろいろ受けてみることです。

スクールのホームページを見ても、結局はそのスクールの良いところしか書いていません。

実際のレッスンの雰囲気や教え方は、レッスンを体験してみるまでは分かりません。

無料体験レッスンを受けることで、そのスクールの実際の様子が分かり、レッスンを申し込むかどうかの判断をしやすくなります。

 

今のところは通学が主流

今までは、どちらかというと通学するタイプのスクールが主流でした。

「中国語スクール」と聞くと、どこかのビルの一室に座って授業を受けるようなイメージがあるのではないでしょうか?

その理由としては、小学校からの学校教育制度が関係しているように思うのです。

私たちの中に、「何かを習う = それを教えてくれる場所へ行くこと」という認識ができあがっているような気がします。

これからはオンラインの時代が来るか?

これからはオンラインスクールが主流か、或いは通学するタイプのスクールと同じくらい一般的になると思います。

その理由は下記の2つです。

 

  • インターネット環境が以前よりも格段に整備されている
  • 中国語オンラインスクールの質が高まっている

 

これだけインターネット環境が整備されている現代、習い事にもインターネットを活用するのは自然なことでしょう。

また、今は中国語オンラインスクールの質も向上しています。

しっかりとした学習システムを持ち、アルバイトの学生ではなくプロの講師陣を揃えたオンラインスクールも出てきています。

 

総じて、通学するタイプのスクールとオンラインスクールとの質的な差は縮まってきています。

質が同じなら、時間と場所の制約がなく、料金も安いオンラインスクールの方が主流になっていくのではないか、と予想しています。

 

質の高いオンラインスクールの一つが、「SpeakMandarin」というスクールです。

プロの講師陣と教育システムが備わっています。

無料体験レッスンができるので、気になる方は一度無料で体験してみるといいと思います。

»参考:オンライン中国語『SpeakMandarin』の特徴・評判

 

知り合いや友だちに教えてもらう

中国語ネイティブの知り合いや友だちに教えてもらう方法もあります。

気軽に楽しく勉強できますが、反面、親しい間柄故に勉強する雰囲気作りが難しいこともあります。

一緒に勉強できる相手を探すため、日中交流会のようなイベントや、HelloTalkといったアプリを活用するといいでしょう。

メリットとデメリット

知り合いや友だちに教わることのメリットとしては、楽しく勉強できて、お金もかからないことがあげられます。

一方のデメリットは、友人同士であるが故に、話が盛り上がってしまい勉強できないということです。

相手が日本語を勉強しているなら、つい日本語ばかり話してしまう可能性もあります。

知り合いや友だちをつくる方法

中国語を教えてくれる知り合いや友人をつくる方法としては、下記の二つがおすすめです。

 

  • 日中交流会に参加してみる
  • HelloTalkなどのサービスを使う

 

日中交流会を探してみらい場合は、ネットで探してみるといいと思います。

そういったイベントの通知はFacebookやTwitterで探すこともできます。

場所によっては日中交流会がないこともあるので、HelloTalkなどの相互学習アプリを使ってもいいですね。

 

中国へ語学留学する

中国留学のメリットは、学習効果は最強だということです。

異文化の中で生活することで、語学力以外にも得られるものは多いはずです。

一方、かなりのお金と時間もかかります。

社会人なら仕事を休むか辞めなければいけませんし、学生も出来合いのレールから外れる覚悟は必要かもしれません。

難易度は高いものの、得られるものも最大級ということになります。

中国留学のメリット

中国留学のメリットとしては、下記のような点が挙げられます。

 

  • 語学力が飛躍的に伸びる
  • 中国の文化を肌で感じられる
  • 中国人や外国人と友だちになれる

 

語学力という点では、留学すると段違いに伸びます。

理由としては、インプットと発話量が日本にいるときと比べて段違いに増えるからだと思います。

中国へ行ったらほとんど中国語しか聞こえてこないのは想像できますよね。

それに加えて、今日本語でやっていることを、留学中は全て中国語でやらなければいけません。

友だちとの会話、美容室の予約、メニューの注文等々、何をするにも中国語を使わないわけにはいかなくなります。

結果として、中国語力は格段にアップするはずです。

 

また、中国の文化を体験したり、中国人や外国人と友だちになれるのもメリットです。

 

中国留学のデメリット

中国留学のデメリットは下記の通りです。

 

  • お金と時間がかかる

 

お金はもちろん、一番のネックは「留学へ行ける時間があるかどうか」ということではないでしょうか。

中国への語学留学は半年以上が主流です。

一部の大学では、一番短くて一ヶ月(四週間)の留学プログラムもありますが、それでも簡単に行けるような長さではありませんね。

 

社会人で会社勤めをしている方にとっては、一ヶ月も休むのはなかなか難しいですよね。

かといって、大学生にとっては留学費用や単位の問題があります。

 

機会があれば是非行ってみましょう

中国への語学留学は難易度が高いと思いますが、もしチャンスがあれば是非行ってみるといいと思います。

一ヶ月とか半年みたいな短期留学でも大丈夫です。

 

留学することで中国語力が伸びますし、語学力以外にも得られるものはとても多いはずです。

「留学」は難易度も高いのですが、その分最大級のリターンも見込める勉強法だと思います。

そのため、難易度のところをクリアできるのなら、大きなリターンを求めて留学してみるのもいいでしょう。

 

今回の記事は以上となります。

 

中国語の勉強方法4選
  1. 独学で勉強する
  2. 中国語スクールを使う(通学とオンラインがある)
  3. ネイティブの知り合いや友人に教わる
  4. 中国へ語学留学する

 

上記のどれか一個に絞らなければいけないことはありません。

いろいろ試しながら、自分の学習スタイルや生活リズムに合った勉強方法を探してみてください。