TOCFLとは?概要や難易度、HSKとの違いをまとめ!

看板の上に座る猫の写真を撮る人

今回は、TOCFLについての記事です。

 「TOCFLってどんな試験?」

 「HSKや中国語検定と何が違うの?」

 「TOCFLのレベルや難易度は?」

といった疑問にお答えできればと思います。

TOCFLは台湾華語の能力を測る試験で、台湾が好きな方や、台湾へ留学したい方におすすめです。

この機会にTOCFLという資格の理解を深めていただけると幸いです。

私もTOCFLの模擬試験を受けてみたので、実際に受験した感想も参考程度にご紹介します。

TOCFLとは?

高台から台北を見下ろした画像

TOCFLとは、台湾で話されている中国語(台湾華語)の能力を証明する資格です。

TOCFLは「Test of China as a Foreign Language(華語文能力測験)」の略で、国家華語測験推動工作委員会が開発しました。

台湾政府が認定する、唯一の台湾華語の資格です。

台湾華語の運用能力を測る試験

TOCFLは日常生活における台湾華語の運用能力を測るための試験です。

TOCFL日本事務局の公式サイトにも、TOCFLは台湾華語の実用的なコミュニケーション能力を測るための試験だということが明記されています。

本検定試験の目的は台湾華語学習者の日常生活における言語使用能力を測ることにあり、特定の教材に基づいての出題は行っていません。試験内容は様々な日常生活の場面を想定して出題されて、題材は実生活に近く、そして多元的です。

引用:TOCFL日本事務局

今回私はTOCFLの模擬試験を受けたのですが、確かに日常生活の場面を想定した問題が多かったと思います。

例えば、問題文として「ガソリンスタンドの説明書き/メール/手紙/張り紙広告」などが与えられ、その内容についての設問に答えるような問題がありました。

HSK、中国語検定との違いは?

中国語の資格と言えば、HSKと中国語検定が最も有名ですね。

TOCFLとHSK、中国語検定との違いをまとめてみました。

TOCFL

HSK

中国語検定

主催団体

台湾政府認定

中国政府認定

日本中国語検定協会

求められる中国語

台湾華語

中国語(共通語)

中国語(共通語)

漢字

繁体字

簡体字

簡体字

試験内容

リスニング

リーディング

リスニング

リーディング

ライティング(3級以上)

リスニング

リーディング

ライディング

スピーキング(準1級以上)

試験日程

年4回(2019年3月、5月、8月、11月)

※試験会場によって異なる

年最大12回

※試験会場によって異なる

年3回(3月、6月、11月)

※1級は11月のみ

受験会場

日本全国主要都市/台湾本土/世界各国

※日程によって異なる

日本全国主要都市/中国本土/世界各国

※日程によって異なる

日本全国主要都市/中国本土/台湾/シンガポール

※準1級と1級の面接は東京と大阪のみ

有効範囲

日本国内/台湾本土

日本国内/中国本土

日本国内

公式サイト

TOCFL日本事務局

HSK日本実施委員会

日本中国語検定協会

TOCFLはHSKと似てるかもしれませんね。

台湾と中国それぞれの政府が認定する資格で、世界各国で施行されている点も同じです。

違いとしては、

 TOCFL:台湾華語(繁体字)

 HSK:中国共通語(簡体字)

 ということでしょう。

HSKは中国へ留学したり中国で仕事をしたりするのに必要な場合がありますが、

TOCFLは台湾へ留学したり、台湾で仕事をしたりするときに必要です。

TOCFLのレベルと難易度

台湾の道路

TOCFLは大きく3つのBandに分かれています。Band A、Band B、Band Cです。

それぞれのBandごとに2つのレベルがあるので、最終的には6つのレベルに分かれます。

TOCFLのBandとレベル

引用:TOCFL日本事務局

上記の表の

 入門級(A1)、基礎級(A2)がBand A、

 進階級(B1)、高階級(B2)がBand B、

 流利級(C1)、精通級(C2)がBand C

 になっています。

TOCFLを申し込むときは受けたいBandを選んで受験し、試験の成績によって最終的なレベルが決まります。

中国語検定、HSKと比較してみる

TOCFLの難易度を中国語検定、HSKと比較してみました。

TOCFLと他の中国語の資格を比較すると、TOCFLのレベル設定や難易度が分かりやすいかと思います。

1.TOCFL日本事務局が公開している相関表

TOCFL日本事務局の公式サイトに、TOCFLとHSK、中国語検定の相関表があります。

TOCFLとHSKと中国語検定とTECCのレベル相関表

引用:TOCFL日本事務局

分かりやすくまとまっていますね。

しかし、個人的には「Band B 高階級(B2)」よりも「HSK6級」の方が難しかったような気がします。

今回私はBand Bの模擬試験を受けて、結果はリスニングが80点、読解も80点でした。高階級(B2)で満点をとれたことになります。

が、HSK6級でも同じことができるとは思えません。

上記の相関表だとHSKの難易度が若干低く見積もられているのかな?と個人的には思いました。

だた、TOCFLのBand BはHSK5級のレベルより難しいとも思いました。

2.国家華語測験推動工作委員会が公開している相関表

国家華語測験推動工作委員会の公式サイトにも相関表があります。

CEFR(ヨーロッパ言語共通参照枠)に照らし合わせながら、TOCFLとHSKのレベルを比較していますね。

 ※CEFRとは

  学習者の外国語の習得状況を、言語や国の枠を越えて単一の基準で測ることができる指標です。A1からC2までの6つの等級があり、

    A1、A2レベルは「基礎段階の言語使用者」

    B1、B2レベルは「自立した言語使用者」

    C1、C2レベルは「熟達した言語使用者」

  とされています。

参考:ブリティッシュ・カウンシル  

TOCFLとHSKをCEFRに照らし合わせた表

引用:国家華語測験推動工作委員会

実際に感じる難易度にかなり近いと思います。

個人的には、HSK6級はもうちょっと難易度高めかな?と思います。

3.私が考える難易度の相関表を作ってみました

TOCFL日本事務局や国家華語測験推動工作委員会の公式サイト、そして私も含めて実際に受験した方々の感想も踏まえて、難易度の相関表を作成してみました。

TOCFLとHSKと中国語検定のレベルをCEFRに当てはめてみた
CEFRを使って、中国語検定/HSK/TOCFLの難易度を比べてみました

こんな感じです。

 

もっとも、TOCFLとHSKと中国語検定の難易度やレベルを単純に比較することはできません。

目的も試験内容も問題内容も異なる資格を比べることに無理がありますよね。

人それぞれの感じ方も違いますしね。

この記事で紹介している相関表は参考程度にご覧ください。

 

簡体字学習者がTOCFLの模擬試験を受験してみた

台北市の夜景

簡体字学習者の私が、TOCFLの模擬試験を受けてみました。

 

TOCFLは台湾華語の資格ということで、簡体字ではなく繁体字を使います。

模擬試験の前に簡体字と繁体字のどちらを使うか選べるのですが、せっかくなので繁体字を選びました。

今回は、国家華語測験推動工作委員会が提供している模擬試験を利用させていただきました。

「模擬試題」 → 「線上模擬」と進んでいただくと、パソコンで模擬試験を受けることができます。

 

私のレベルとTOCFL Band Bの詳細

私の中国語(簡体字)の学習歴とレベルは、

 ・2012年4月末から中国語を始める(2019年3月時点で7年弱) 

 ・中国語検定準1級

 ・HSK6級

 ・繁体字の学習経験はなし

 こんな感じです。

今回はTOCFLのBand Bの模擬試験を受けてみました。

3つのBandの中のちょうど中間です。

TOCFLのBandと採点基準

引用:TOCFL日本事務局

HSK、中国語検定に照らし合わせると、Band Bは中国語検定2級、HSK5~6級というところですね。

模試の結果

Band Bの模擬試験の結果は、リスニングが80点、読解が80点で、高階級になりました。

TOCFL Band Bの成績
TOCFL Band Bの模擬試験の私のスコアです

結果はよかったのですが、私は簡体字学習者で、繁体字も台湾華語も勉強したことがなかったので、難しいと思ったところもありました。

中国共通語と台湾華語、簡体字と繁体字のギャップを随所で感じました。

TOCFLの難しかったところ

TOCFLのBand Bの模擬試験を受けてみて、難しいと思ったのは下記の3点です。

 (1) リスニング

 (2) 台湾華語特有の語彙 

 (3) 繁体字特有の漢字

1.リスニング

リスニングはちょっと難しいところがありました。

リスニングの難しいポイントは、

 同じ漢字でも、台湾華語と中国の共通語じゃ声調が違うのが結構あった

 ということです。

例えば、一週間や今週などの「週」を表す単語は、台湾華語も共通語も同じで「星期」です。漢字も同じです。

ところが、「星期」の声調は台湾華語と共通語で異なります。

「星期」の共通語の発音は「xīng qī」ですが、台湾華語の発音は「xīng qí」です。「期」という漢字の声調が、共通語は「qī(第1声)」なのに対し、台湾華語は「qí(第2声)」なんですね。

「地方」という単語の声調も、台湾華語と共通語で異なります。

共通語の「地方」の発音は「dì fang」ですが、台湾華語の発音は「dì fāng」になります。

2.台湾華語特有の語彙

台湾華語特有の単語もいくつかありました。

例えば「自転車」、中国語で「自行车 / zì xíng chē」と言いますが、台湾華語では「脚踏车 / jiǎo tà chē」と言います。

リスニングのところで自転車に関する問題が出てきて、結構戸惑いました。

急に知らない単語が出てくると反応できないですね。「ジャオターチャーって何?」となります。

3.一部の繁体字

繁体字に関しても、パッと見ただけじゃ分からないような繁体字が結構ありました。

全ての繁体字が分からないわけではありませんが、一部の繁体字は結構難しいと思いました。

繁体字には、中国語の簡体字とも、日本語の漢字とも異なる漢字があるんですよね。

例えば「而」とか「让」がそうですね。

繁体字ではそれぞれ「兒」、「讓」と書きます。

簡体字学習者がTOCFLの模擬試験を受けて思ったことまとめ

鈴のような飾り物

簡体字学習者がTOCFLを受けるのであれば、リスニングは慣れておいた方がいいと思います。

台湾華語特有の単語もできるだけ知っておくといいですね。

繁体字は勉強しなくてもいいと思います。

繁体字を書けなくても、読むことはできると思うので。

よく分からない繁体字があったら無視してしまってもいいと思います。

分からない繁体字の前後の漢字や文脈を読み取れれば文章の意味も分かりますし、読解に支障は出ないはずです。

TOCFLはHSKの次の目標にいいかも

TOCFLは台湾華語の運用能力を測る試験です。

が、簡体字学習者も、HSK6級を取ったらTOCFLを受験してみてもいいんじゃないかと思いました。

もちろん繁体字学習者は積極的にTOCFLを狙っていくのがおすすめです。

TOCFLは台湾に留学したり台湾で仕事をしたりするようなときに使えます。

台湾と日本とは人の往来も多いですし、台湾政府公認の台湾華語資格であるTOCFLの認知度や重要性もこれから高まってくるんじゃないかと思っています。

今回私が受けたのはTOCFL Band Bの模擬試験ですが、今年8月はTOCFLの本試験に挑戦したいと思っています。

今回はBand Bをやってみましたが、HSK6級を持ってればBand Cに挑戦してもいいと思います。

私も、本試験はBand Cにしようと思います。

Band Bの難易度はHSK5級と6級の中間くらいな感じがするので、HSK5級を持っているならBand Bから始めてみるといいと思います。

今回の記事は以上となります。

台湾華語の資格、TOCFLをご紹介しました。

台湾華語を勉強中の方、台湾が好きな方、中国語検定やHSK以外の資格に挑戦してみたい方はTOCFLがおすすめです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする