中国語検定とHSKのレベル、特徴、おすすめ度を比較!

北京の双井から国貿一帯を見下ろす画像

今回は、中国語関連の資格で最も有名な「中国語検定」と「HSK」についての記事です。

 「中国語検定とHSKの違いを知りたい」

 「中国語検定とHSKのレベルがどうやって対応してるのか知りたい」

 「中国語検定とHSKのどっちを受けたらいいか分からない」

という悩みにお答えします。

中国語検定とHSKは同じ中国語の資格でも、主催団体や出題内容、用途などの違いがあります。

この記事では、中国語検定とHSKの違いを解説してから、両者のレベルを対照させてみたいと思います。更に「中国語検定とHSKのどっちがおすすめか」もご紹介します。

中国語検定とHSKの違いは?

北京の双井駅近くの道

中国語検定とHSKの違いは下記の通りです。

中国語検定

HSK

主催団体

日本中国語検定協会

中国政府公認

リスニング

あり

あり

リーディング

あり

あり

ライティング

あり

3級以上

スピーキング

準1級以上

なし

※別途HSKKという資格あり

合格基準

リスニングと筆記(リーディングとライティング)ごとに合格基準点あり

全体で6割以上

求められる中国語能力

基礎知識/翻訳能力

実用的な運用能力

試験日程

年3回(3月、6月、11月)

※1級は11月のみ

年最大12回

※試験会場によって異なる

受験会場

日本全国主要都市/中国本土/台湾/シンガポール

※準1級と1級の面接は東京と大阪のみ

日本全国主要都市/中国本土/世界各国

※日程によって異なる

公式サイト

日本中国語検定協会

HSK日本実施委員会

主な違いは、

 主催団体/出題内容/採点方法/求められる中国語能力の種類/レベルの設定方法/試験日程

ですね。

1.主催団体の違い

主催団体が違いますね。中国語検定は「日本中国語検定協会」が主催していますが、HSKは中国政府直属の機関である「孔子学院总部/国家汉办」が主催しています。

主催団体は、受験する私たちからするとあまり関係なさそうですが、中国語検定とHSKの違いは、主催団体の違い、ひいては彼らが中国語検定やHSKという資格試験を実施している目的の違いと言えるかもしれませんね。

2.出題内容の違い

出題内容も中国語検定とHSKで微妙に違います。

出題内容の詳細はそれぞれの公式サイトで分かりやすく紹介されていますので、この記事では簡単にまとめたいと思います。

リスニング

リーディング

ライティング

スピーキング

HSK1級~2級

HSK3級~6級

中検準4級~2級

中検準1級~1級

 こんな感じですね。

リスニングとリーディングは絶対にあります。

ライティングはHSKだと3級以上から、中国語検定は全ての級にライティングがあります。

HSKのライティングは「自由記述式や語順並べ替え」が多い(HSK6級のみ長文の要約)のですが、中国語検定のライティングは「日本語と中国語の相互翻訳」が多いという特徴があります。

中国語検定準1級と1級にはスピーキング(面接)の試験があります。

HSKにはスピーキングがありません。その代わりHSKKというスピーキングの試験が別途行われています。

3.合格基準の違い

採点方法も結構違いますね。

中国語検定はリスニングと筆記のそれぞれに合格基準点が設定されていて、どちらもその合格基準点に達してないといけませんが、HSKは合計点を見られます。HSKの合格基準点は全体で6割です。

例えば、

 ・中国語検定:リスニング=4割/筆記=満点 ⇒ リスニングが合格基準点に達していないため不合格

 ・HSK:リスニング=4割/読解=8割 ⇒ 合計6割以上のため合格

ということが実際にあり得ます。

4.求められる中国語能力の違い

中国語検定とHSKでは、求められる中国語能力も若干違います。

具体的には、

 中国語検定は「中国語の正確な知識や翻訳能力」

 HSKは「中国語の運用能力や実用的なコミュニケーション能力」

をそれぞれ求められる傾向にあります。

また、中国語検定にはピンインに関する問題が出題されます。

5.レベルの設定方法の違い

中国語検定とHSKはレベルの設定方法が違います。

中国語検定は準4級から1級まであり、数字が小さくなるほどにレベルは上がっていきますが、HSKは1級から6級までで、数字が大きくなるほどレベルが上がります。

中国語検定

HSK

難易度が低い

難易度が高い

準4級

1級

4級

2級

3級

3級

2級

4級

準1級

5級

1級

6級

中国語検定とHSKの違いはこんなところです。ここからは中国語検定とHSKのレベルを対応させてみたいと思います。

中国語検定とHSKのレベル比較

北京のビル街の画像

中国語検定とHSKのレベルを比較してみましょう。

今回はCEFR(ヨーロッパ言語共通参照枠)という指標に照らし合わせながら、中国語検定とHSKのレベルを比較していきたいと思います。

 ※CEFRとは

  学習者の外国語の習得状況を、言語や国の枠を越えて単一の基準で測ることができる指標です。A1からC2までの6つの等級があり、

    A1、A2レベルは「基礎段階の言語使用者」

    B1、B2レベルは「自立した言語使用者」 

    C1、C2レベルは「熟達した言語使用者」

  とされています。

参考:ブリティッシュ・カウンシル  

中国語検定とHSKをCEFRの等級に照らし合わせると、このようになりました。

HSKと中国語検定をCEFRに照らし合わせた画像
中国語検定とHSKの各級のレベルをCEFRに照らし合わせてみました

だいたいこんな感じなんじゃないかと思います。

上記の表は日本中国語検定協会の公式サイトHSK日本実施委員会の公式サイトを参考に、私や周りの中国語学習者が実際に受験したときの感想も踏まえて作成しました。

これが絶対というわけではなく、あくまでも一つの目安だと思っていただければ幸いです。

履歴書に書けるレベルは?

履歴書に書けるのはどのレベルからなのでしょうか?

私は中国語検定なら2級以上、HSKなら4級以上だと思います。

理由としては、語学力を強みとしてアピールするのであれば、CEFRのB1(自立した言語使用者)以上のレベルはあった方がいいと思うからです。

中国語検定3級、HSK3級はCEFRに照らし合わせるとA2、「基礎段階の言語使用者」なんですよね。レベルとしてはちょっと足りないかなと思います。

志望する職種によっても違うと思いますが、語学力を強みにしていくならB1以上はあった方がいいと思います。

中国語検定とHSKを実際に体験してみよう!

「どのレベルを受けたらいいかわからない!」という方は、中国語検定とHSKを実際に体験してみるのがおすすめです。

中国語検定もHSKも無料で体験(レベルチェック)することができます。

HSKのレベルチェック

中国語検定のレベルチェック

中国語検定とHSKどっちがおすすめ?

北京の北海公園の夜景

中国語検定とHSK、どっちを受験すればいいのでしょうか?

就職活動/転職活動はHSK

「就職活動や転職のときに中国語の資格をアピールしたい」という方にはHSKがおすすめです。

中国語検定も同じくらいおすすめなのですが、HSKの方が紙一重の差で上回ってるという感じです。

HSKの利点としては「世界中で通用する資格」だということですね。

特に、将来的に中国駐在や中国赴任の可能性がある場合は、HSKを取得しておいた方がいいです。

中国現地の企業なんかとやり取りする可能性がある場合も、HSKの方が役立つでしょう。

中国語検定は日本国内限定の資格なので、中国ではわかってもらえません。

中国語検定も勝っているところがあって、それは「日本国内における認知度が高い」ということです。

が、HSKの認知度も徐々に高まってきています。

まとめると、

日本国内での認知度

中国(世界)での認知度

履歴書

将来性

HSK

中国語検定

×

ということで、就職してからのことも考えるとHSKの方がいいかなというのが私の意見です。

中国語検定も十分使える資格ですし、個人的に中国語検定は思い出深くて好きな資格なんですが、日本国内限定なのが…という感じですね。

中国現地採用はHSK

中国の現地採用を狙っている方はHSK一択でしょう。

中国で使えるのはHSKだけです。

中国現地で仕事するならHSK5級、できればHSK6級を受験しておくといいですね。

中国留学はHSK

中国へ留学する場合もHSK一択です。

必要なHSKのレベルやスコアは留学する大学や、留学の形式(語学留学、本科生、大学院生など)によっても変わってきます。

例えば、語学留学は申し込むだけならHSKのスコアは重要じゃないことが多いです。

中国の四年制大学に学部生として入りたい場合は、HSK3級から4級のレベルを要求されることが多いです。

中国の大学の大学院に入るなら、HSK5級から6級のレベルが必要になってきます。

中国留学にHSKが役立つのは確かです。必要とされるHSKの具体的なレベルやスコアは、行きたい大学や勉強したい専門によっても異なりますので、大学のホームページで確認しておきましょう。

スキルアップは中検とHSKどちらもOK

中国語の資格を通してスキルアップしたいという方は、中国語検定とHSKのどちらでもいいと思います。

中国語検定は苦手の克服に役立つ

中国語検定は日本人の学習者に限定した問題設計であるため、日本人学習者が苦手なところを克服するのに役立ちます。

また、中国語検定の勉強を通して、読解力やリスニング、翻訳能力を強化できるのもいいですね。

中国語検定にはピンインの問題も出題されるので、中国語検定の勉強をするとピンインにも強くなると思います。単語や文法知識も問われるので、そういった基礎知識を強化するのにも向いています。

HSKはリスニングなどの運用能力の強化に

HSKは英語圏も含む世界中の学習者を対象にした問題設計なので、漢字に馴染みのある日本人にとっては若干簡単に感じてしまうかもしれません。

ただ、HSKはリスニングや中国語の運用能力を強化することができます。

このように、中国語検定とHSKのどちらに挑戦してもスキルアップはできます。

ここまで、中国語検定とHSKのどっちを受けるべきなのかということを紹介してまいりました。

中国語検定とHSKの勉強法

万里の長城の上から撮った写真

最後に、中国語検定とHSKの勉強法をご紹介します。

これから紹介する方法は、中国語検定やHSKなどの資格に特化した勉強法になります。

普段は別の方法で中国語を勉強しながら、試験の2~3ヶ月前くらいになったら試験に特化した勉強法で試験対策していくといいでしょう。

中国語検定とHSK共通の勉強法

中国語検定とHSKのどちらを受けるにしても、一番のおすすめは「試験の過去問を繰り返し解くこと」です。

過去問を繰り返し解くことには、

 ・覚えるべき単語や文法を自然と覚えられる

 ・リスニング、リーディング、ライティングなどのスキルを強化できる 

 ・自分はどこが弱いのかを常に確認できる

 ・試験の形式に慣れることができる

といった効果があります。

関連記事:中国語検定/HSKの過去問の活用法マニュアル

HSKの勉強法

HSKの対策においては過去問がより一層大事になってきます。

というのも、HSKには

 「過去問に出てきた問題と全く同じ問題が本番でも出題される可能性がある」

という特徴があるからです。

また、HSKは中国語の運用能力やコミュニケーション能力を問う試験です。普段から多くの中国語を聞いたり読んだり書いたりして、中国語に触れる機会をできるだけ設けるといいと思います。

HSKの読解の問題は中国語検定のそれと比べれば簡単な傾向にありますが、リスニングは難しめです。HSKを受験するのであれば、リスニングは対策必須だと思います。

HSKの過去問のリスニング問題を繰り返し解いたり、普段から中国のテレビ番組を見たりして、耳を中国語に慣らしておくといいでしょう。

関連記事①:HSK6級対策のポイントと具体的な対策方法まとめ

関連記事➁:HSK5級の勉強法【ポイントは過去問×語彙力×文章力】

関連記事③:HSK4級の勉強法【ポイントは過去問×復習のサイクル】

中国語検定の勉強法

中国語検定も過去問を繰り返し解くのがおすすめです。

基本的な勉強法は中国語検定もHSKと同じで、過去問を解くことをメインに、中国語に触れる機会を設けてスキルアップを図ることになります。

中国語検定がHSKと違うところは、ピンインに関する問題が出されるところと、4級以上で翻訳問題が出題されるところです。

中国語と日本語の相互翻訳も過去問の中でしっかり練習しておくのがおすすめです。

関連記事:中国語検定4級の勉強法は「過去問を解くこと」

今回の記事は以上となります。

最後までお読みいただきありがとうございました!