中国語日記で語学力上達!書き方や例文も紹介

手帳と花

今回は、中国語で日記を書くことについてです。

 

中国語で日記を書くのはいい勉強法ですが、実際にやってみると案外難しいと思います。

 

「中国語を勉強してて、勉強の一環として日記を中国語で書いてみたいけど、書き方がよくわからない!」とか「三日坊主にならないか不安…」といった悩みに、この記事でお答えできればと思います。

 

この記事の内容
  • 日記を書くことでいろんなプラスがある。例えば文章力が付く、単語を覚えられる、後で見返すと自分の成長を実感できる、等
  • 日記は短く簡潔に書くのが長く続けるコツ。定型文を作っておくのもおすすめ

 

私は中国語を始めて3ヶ月目くらいから中国語で日記を書き始めました。

当時の私にとっては、「自分で文章を書いた」ということが大事でした。

これで文章力は結構ついたと思いますし、語彙も増えました。

 

中国語の日記を書く習慣は、私が大学を卒業するまで一年以上続けることができました。

 

中国語で日記を書くことの効果

ノートと葉っぱ

中国語で日記を書いてみて、下記のような効果があったと思います。

 

中国語で日記を書くことの効果
  1. 文章力が鍛えられる
  2. 語彙を増やせる
  3. 成長の記録として後々財産になる

 

順番に深掘りしていきますね。

 

1.文章力が付く

日記を書いていると文章力が付きました。

日記も文章であることに間違いないわけですし、文章を書いていれば文章力も付いてきます。

中国語を勉強していても、中国語の文章を書く機会って日記を始めるまではほとんどなかったんですよね。

 

「自分で文章考えて文字にする」というのに慣れていなくて、日記を書き始めた当初は苦労しました

ただ、毎日日記を書いているうちに文章を書くのに慣れてきて、400字程度の日記なら5分くらいでさっさと書けるようになりました

 

日記を書く中で文章を作ることに慣れて、自分で作文する力が伸びたと思います。

日記以外で文章を書く機会はなかったので、作文を練習する貴重な機会でした。

 

2.単語を覚えられる

日記を書く中でボキャブラリーも増えました。

これには2つの理由があると思っています。

 

  • 自分で単語を調べて文章にするから印象に残る
  • 自分の生活に直結した単語だから思い出す機会が多い

 

自分で単語を調べて使い方を理解して、実際に日記の中に落とし込んでいく」という手順を踏むことで、その単語が印象に残りやすくなりました。

 

また、自分の生活と関係ある単語は思い出す機会も多いですし、日記でも繰り返し使うので、必要情報として覚えられました。

例えば私の場合は「刷牙(歯磨き)」とか「咖喱饭(カレー)」とか「打工(バイト)」みたいな単語は日記を書く中で覚えました。

 

3.将来的な財産になる

昔書いた日記は今の財産になっています。

 

振り返って懐かしいのももちろんですし、当時の私が書いた未熟な文章を見ると自分の成長を実感できます

 

例えば、私の当時の日記を振り返ると「快要期末考试了,要做“复习”考试“和”写学术研究报告」とか書いてたんですよね。

今なら「快要期末考试了,我要“准备”考试“也要”写学术研究报告」と書くかもしれません。

 

こんな感じで、昔書いた日記は結構間違ってたりもするのですが、それが逆に味があって気に入っています。

また、昔の自分の間違いを見つけられると「成長したんだな」と実感しますね。

 

中国語の日記の書き方

砂浜に置かれたノート

それでは、日記を書いて中国語のスキルを向上させる方法をご紹介していきます。

 

とは言っても難しいことはありませんし、方法自体はとてもシンプルなものです。

この「難しく考えない」シンプルさが大事だと思っています。

 

日記を書くときの3つのポイント

中国語で日記を書くのに大事なポイントは3つあります。

 

中国語で日記を書くポイント
  1. 文章は短く、簡潔に
  2. 間違いを気にしない
  3. 毎日続ける

 

上記の3点ともかなり大事なポイントだと思うので、順番に深掘りしますね。

 

1.日記は短く、簡単に書く

日記の文章は短く簡潔で構いません。

その方が労力的にも時間的にも負担が少なく、続けやすいからです。

 

長い文章がスラスラ書ければいいと思いますが、初級の段階では結構難しいと思います

私は最初に長い文章を書こうとして、一度挫折しています

 

長い文章で「我今天本来想出去玩的,可是因为外面一直下着大雨,所以只能在家里发呆…」みたいな文章を書こうとすると、その時は何とかなっても後が続きません。

それよりは「今天我本来想出去玩,外面下着雨,我在家发呆」みたいな、短い文章を繋げていくスタイルの方が日記には向いていると思います。

 

この「短く、簡潔に書く」ことが中国語の日記を継続させるコツだと思います

本当に大事なことなので、日記帳の最初のページにでも書いておくといいと思います

 

2.間違いを気にしない

日記を書く時は間違いを気にしないことです。

時間をかけて正しい文章をひとつ書くことよりも、間違っていてもいいので今自分が書けることを書くのがおすすめです。

 

これには2つの理由があります。

一つは間違いを気にすると書けなくなること、もう一つは間違えることによって勉強できるからです。

 

日記を書くのに間違いを気にすると書けなくなりますし、負担に感じてしまって続けられなくなるかもしれません

それは勿体ないと思います

「書かないよりは、間違ってても何か書いた方がマシだ」という気持ちで書いてみましょう

 

間違いは後で修正することができますし、間違えたところは勉強できます。

 

例えば、私の過去の日記にある「要做复习考试和写学术研究报告」というフレーズは間違いだらけです。

しかし結果的には、正しい文法知識をつけたり、「要~也要…」という言い方を覚えるのに役立ちました。

 

3.毎日継続

日記は毎日継続することが大事です。

日記は数をこなしているうちに上達してきますし、それには毎日書くのが一番いいと思うからです。

 

始めてからいきなり毎日書くのは難しいかもしれませんが、燃え尽きない程度にできるだけ毎日書いてみるといいと思います。

 

日記を書くおすすめの手順

日記を書く3つのポイントを押さえたら、実際に日記を書いてみましょう!

日記を書くのにはコツが必要ですが、個々人に合ったスタイルもあると思いますし、自分が無理なく継続できるような書き方は実際に日記を書いていく中で見つけていけると思います。

ここからは、私が中国語で日記を書くときの方法をご紹介します。

 

中国語の日記を書く手順
  1. 一日の出来事を単語や簡単なフレーズで書き出す 
  2. それらの単語やフレーズを文章にする
  3. 感想を付け足す

 

こんな感じですね。

ここから詳しくご紹介していきます。

 

1.一日の出来事を書き出す

まずはその日一日の出来事を中国語で書き出します。

その日の出来事を書き出すことによって思考を整理するのが狙いです。

ここで意識しているのは、「箇条書きとか単語単位で、素早く簡単に書き出す」ということです。

 

例えば、私が2019年2月6日(水)の出来事を書き出すとこうなります。

 

date:2月6号/星期三

七点起床、洗衣服、米饭、喝咖啡、上班、冷、下班、散步

 

単語が分からなかったら、とりあえず日本語で書き出します。

 

date:2月6号/星期三

起床、洗衣服、(バナナ)(ヨーグルト)、喝咖啡、上班、冷、(ハンバーガー)、下班、(ピザ)、散步

 

日本語で書いた単語については、辞書やネットで中国語の言い方を調べます。

 

date:2月6号/星期三

起床、洗衣服、香蕉(バナナ)酸奶(ヨーグルト)、喝咖啡、上班、冷、汉堡包(ハンバーガー)、下班、比萨(ピザ)、散步

 

これで日記の題材は出揃いました。

 

2.書き出した単語を文章にする

上記のステップで書き出した単語を文章にしてみましょう。

文章は長く複雑である必要はありません。

短く簡単で、書きやすい文章を書くように心がけるといいです。

 

中国語の文章は「主語(誰が)+述語(どうしたか)+目的語(何を)」の3大要素から構成されています

まずはこの3大要素を埋めていくようにして文章を作るといいと思います

»参考:中国語の文法を簡単に理解するコツを紹介

 

また、日記である以上、時間を表す表現も使った方がいいでしょう。

毎日書いているうちに時間を表す言い方を覚えられますし、日記としての完成度も高くなります。

 

中国語の時間を表す言い方には「時間詞」「時量詞」があります

日記を書くときは積極的に使ってみましょう

»参考:中国語の時間詞と時量詞の使い方を紹介

 

上記の点を意識しつつ、先ほど書き出した単語を文章にしてみましょう。

 

date:2月6号/星期三

 今天七点起床。今天很

 起了床,首先洗衣服,然后吃早饭。早上我吃了香蕉酸奶米饭,还喝了一杯热咖啡

 九点半我去上班,上午在公司工作。中午一点吃午饭,我吃了汉堡包。下午我也在公司工作。

 晚上七点下班,八点吃晚饭,我吃了比萨。晚上我在外面散散步

 明天也要上班。

 

こんな感じですね。

立派な日記を書くことができました。

 

3.感想を付け足す

せっかくなので、上記のステップで書いた日記に感想を付け足していきましょう。

全ての出来事に感想を書く必要はないと思います。

書きたい感想がある場合や、印象に残っていることだけ書けばいいでしょう。

 

例えばこんな感じです。

 

date:2月6号/星期三

 今天七点起床。今天很冷。

 起了床,首先洗衣服,然后吃早饭。早上我吃了香蕉、酸奶、米饭,还喝了一杯热咖啡。

 九点半我去上班,上午在公司工作。上午工作很累。中午一点吃午饭,我吃了汉堡包。下午我也在公司工作。

 晚上七点下班,八点吃晚饭,我吃了比萨,很好吃!晚上我在外面散散步,很开心

 明天也要上班,加油!

 

(日本語訳)

 今日は7時に起きた。とても寒い。

 まず洗濯をして、それから朝飯を食べた。朝飯はバナナとヨーグルトとご飯を食べて、コーヒーも飲んだ。

 9時に出勤し、午前中は会社で仕事をした。午前は疲れた。午後1時にお昼でハンバーガーを食べた。午後も会社で仕事をした。

 夜7時に仕事が終わり、8時に晩ご飯でピザを食べた。美味しかった!夜は外を散歩して、楽しかった。

 明日も仕事。頑張ろう!

 

これで感想が加わり、文章は簡単でもオリジナリティのある日記が出来上がります。

 

日記に使える定型文の例を紹介

ノートと万年筆

日記を書くのに使える定型文を作りました。

その日の出来事を単語で書き出していただいて、それを定型文の空欄に入れれば日記ができあがります。

 

中国語の日記のフォーマット

 今天     起床,    吃 早饭。 

 早上 吃 了    

     去 上班。

 上午 我 在    (做)   

 中午     吃 午饭,我 吃 了    。 

 下午 我 在    (做)   

     下班。

 晚上     吃 晚饭,我 吃 了    

 晚上 我 在    (做)   

 明天 我 要(做)   

 

例えばこんな感じで空欄を埋めてみてください。

 

 今天  七点半  起床, 八点  吃 早饭。 

 早上 吃 了  面包 

  九点  去 上班。

 上午 我 在  公司   工作 

 中午  两点  吃 午饭,我 吃 了  方便面 

 下午 我 在 公司   参加 会议 

  六点  下班。

 晚上  七点  吃 晚饭,我 吃 了  寿司 

 晚上 我 在 家里   看 电视 

 明天 我 要  去 朋友 家 玩 

 

(日本語訳)

 今日は 7時半 に起きて、 8時 に朝ご飯を食べた。朝は パン を食べた。

  9時 に出勤して、午前中は 会社  仕事 をした。午後 2時 にお昼ご飯を食べた。 カップラーメン を食べた。午後は 会社  会議に参加 した。

  6時 に仕事が終わった。 7時 に晩ご飯で、 寿司 を食べた。夜は 家  テレビを見た 

 明日は 友だちの家へ遊びに行く 

 

感想は下記の単語を使うといいと思います。

私の日記を遡って、よく使っていた単語をまとめてみました。

 

日記に使える感情を表す言葉

很开心(楽しい)|很高心(嬉しい)|很伤心(傷ついた)|很难过(辛い)|很累(疲れる)|很好吃(美味しい)|不太好吃(あまり美味しくない)|很好看((映画や本等が)見て面白い)|不太好看(見て面白くない)|很轻松(リラックス、気楽)

 

今回の記事は以上となります。

中国語日記で語学力を向上させる方法をご紹介してきました。

 

『中国語日記で語学力上達!書き方や例文も紹介』まとめ
  • 中国語で日記を書くのは有効な勉強法。文章力が付き、単語も覚えられ、書いた日記は将来的に財産となる
  • 中国語の日記を書くポイントは3つある。
    1. 文章は短く、簡潔に書く
    2. 間違いを気にしない
    3. 毎日書き続ける
  • 中国語で日記を書く3つのステップ
    1. 一日の出来事を単語やフレーズで書き出す
    2. それらを文章にする
    3. 感想を付け足す

 

おすすめの勉強法なので是非試してみてくださいね。