中国語の時間詞と時量詞の使い方を紹介

たくさん並べられた時計

今回は、中国語の時間詞と時量詞についてです。

時間を表す言い方は、日常的に誰もが使っています。

使う頻度が多いからこそ、その言い方がしっかりマスターできていないと、いざというときに困ってしまいますよね。

「中国語の文法は理解できてきたけど、時間を表す単語はどこに置けばいいのかわからない」

「時間を表す単語って使う頻度も多いし、伝わらないと困る」

と感じている方へ、中国語で時間を表すときの言い方をご紹介します。

この記事の内容
  • 時間点は「時間詞」、時間の長さは「時量詞」で表す。文中での位置は時間詞が主語の前後、時量詞は動詞の後
  • 時量詞は文中での位置に例外もあり、目的語の後に置かれる場合もある

私も中国語を始めた当初は、時間を表す言い方がわからなくて混乱していました。

しかし、文法書で“時間詞”と“時量詞”という概念に出会ってから一気に腑に落ちました。

この記事では、“時間詞”と“時量詞”を分かりやすくご紹介します。

中国語で時間を表す2種類の単語

古い時計

時間を表す言い方は2種類あります。

それぞれの定義も文法上の扱いも全く異なるので、まずはここをはっきりさせるところから始めましょう。

時間点は“時間詞”、時間量は“時量詞”

中国語で時間を表す言い方は、“時間詞”と“時量詞”に区別することができます。

それぞれの定義は下記の通りです。

  • 時間詞:ある特定の時間(点)を表す 
  • 時量詞:時間の長さ(量)を表す

図に表すとこのようになります。

時間詞と時量詞の比較
時量詞は時間の“長さ”、時間詞は時間の“点”

中国語では、この“時間詞”と“時量詞”を異なる概念として明確に区別します。

文法的にも、文中において置かれる位置がそれぞれ決まっています。

これから詳しく解説していきますね。

時間詞の特徴と使い方

時間詞というのは、ある特定の時間(時間の“点”)を表す単語やフレーズ」のことです。

「特定の時間を表す」と言われて、どんな単語があるかイメージできますか?

時間詞という概念の感覚を掴んでいただくために、時間詞に該当する日本語を下記の通りにまとめました。

  • 年:去年、今年、来年、西暦○○年、旧暦○○年、等々
  • 季節:春、夏、秋、冬
  • 月:先月、今月、来月、1月から12月までの各月
  • 週:先週、今週、来週
  • 曜日:月曜日から金曜日までの各曜日
  • 日:各月1日から31日までの各日
  • 時間帯:朝、午前、昼、午後、夕方、夜、深夜、等々
  • 時間:午前0時から24時までの各時間
  • 分:毎時1分から59分までの各分

いかがでしょう、時間詞がどんなものかをイメージできましたか?

時間詞の位置は“主語の前後”

中国語の時間詞は、主語の前後に置かれます。

例を挙げますね。

今日、私は中国語を勉強しました

上記の日本語を中国語で言ってみましょう。

上記の日本語の文の中で、時間詞に当たる単語はどれでしょうか?

そう、「今日(今天)」ですね。

主語は「私(我)」です。

時間詞「今天(今日)」を主語「我(私)」の前後どちらかに置くわけなので、中国語は下記のようになります。

“今天”我学了中文

今日私は中国語を勉強しました

我“今天”学了中文

私は今日中国語を勉強しました

ちなみに、時間詞を主語の前後どちらに置いても大きな違いはありません。

日本語でも同じですよね。

時量詞の使い方

時間詞が時間の点を表すのに対して、時量詞は「時間の長さ(量)」を表します。

 

先ほどと同じく、時量詞に該当する日本語を見てみましょう。

 

  • 年:五年間、一年間、半年間、等々
  • 月:一ヶ月間、半月、等々
  • 週:三週間、一週間、等々
  • 日:十日間、五日間、一日、半日、等々
  • 時間:五時間、三時間、一時間、等々
  • 分:50分、30分、10分、1分、等々
  • 秒:10秒、5秒、1秒、等々

 

時量詞は上記の通りです。

 

時量詞の位置は“動詞(述語)の後”

時量詞は、動詞の直後に置きます。

こちらも例文を見てみましょう。

 

私は中国語を一時間勉強しました

 

上記の日本語を中国語で何と言うでしょうか?

まず、上記の日本語の文の中の時量詞を探しましょう。

 

そう、「一時間(一个小时)」ですね。

時量詞は動詞の後に置くわけですが、上記の文の動詞は「勉強する(学)」です。

そうすると、このようになります。

 

我学了“一个小时”中文

私は中国語を一時間勉強しました

 

それでは、「私は今日中国語を一時間勉強しました」は中国語でどう言えばいいのでしょうか?

 

時間詞と時量詞が混ざってしまわないように注意しましょう!

「今日」は時間詞、「一時間」は時量詞になります。

 

今天我学了一个小时中文

今日私は中国語を一時間勉強しました

 

我今天学了一个小时中文

私は今日中国語を一時間勉強しました

 

上記の通りです。

慣れないうちは混乱するかもしれませんが、慣れれば一発で使い分けられるようになります。

 

時量詞の位置の注意点

コーヒーを飲みながら時間を確認

時間詞は動詞の前後、時量詞は動詞の後に置きます。

が、時量詞の位置には例外があります。

つまり、場合によっては「時量詞が動詞の直後に置かれない」ということです。

 

下記のようなケースだと、時量詞は(動詞の後ではなく)目的語の後に置かれます。

 

時量詞が目的語の後になる場合
  1. 目的語が場所を表す語句のとき
  2. 目的語が人称代名詞のとき

詳しく解説していきますね。

 

1.目的語が場所のときは目的語の後ろ

時量詞が目的語の後に置かれる第一のケースは、目的語が“場所を表す語句”だったときです。

 

主語(誰が)+動詞(どうした)+場所を表す目的語(どこへ)+時量詞

 

例を挙げますね。

下記の中国語は正しいでしょうか?

 

我学一个月中文了

私は中国語を一ヶ月間勉強しています

 

上記の中国語は正しいと言えますね。

目的語の「中国語(中文)」は場所でないため、時量詞「一ヶ月間(一个月)」は本来の位置である“動詞の後”に置かれるのが正解です。

 

それでは、下記の中国語はいかがでしょう?

 

我来一个月中国了

私は中国に来て一ヶ月になります

 

こちらの中国語は正しくありません。

何故かというと、時量詞の位置に問題があるからです。

 

上記の文の目的語は「中国」で、場所を表す単語ですよね。

目的語が場所を表す語句の場合は、時量詞は本来の位置(動詞の後)ではなく、目的語の後に置かなくてはいけません。

そうすると、下記のようになります。

 

我来中国一个月了

私は中国に来て一ヶ月になります

 

2.目的語が人称代名詞のときは目的語の後ろ

時量詞が目的語の後に置かれる第二のケース、それは目的語が“人称代名詞”のときです。

“人称代名詞”というのは、「人の名前の代わりに使う語句」だと思っておけばいいと思います。

 

代表的な人称代名詞は下記の通りです。

 

あなた(你)、彼(他)、彼女(她)、あなたたち(你们)、彼ら(他们)、彼女たち(她们)、みんな(大家)

 

上記の人称代名詞が目的語になるケースでは、時量詞は目的語の後に置くことになっています。

 

主語(誰が)+動詞(どうした)+人称代名詞の目的語(誰を)+時量詞

 

例を挙げますね。

 

我等五分钟巴士

私はバスを五分間待ちます

 

上記の文はオッケーですが、下記の文は間違いになります

 

我等五分钟你

私はあなたを五分間待ちます

 

どうして上記の文は間違いなのでしょうか?

目的語「あなた(你)」は人称代名詞なので、「五分間(五分钟)」という時量詞は“目的語の後”に置かなければならないからです。

正しい文はこのようになります。

 

我等你五分钟

私はあなたと五分間待ちます

 

ここまで、時量詞を動詞の直後に置けず、目的語の後に置かなくてはいけないケースを解説してきました。

慣れないうちは戸惑うと思いますが、私は簡単に

「目的語が場所、もしくは人称代名詞のときは、時量詞は目的語の後ろに置く」

とだけ覚えています。

 

今回の記事は以上となります。

この記事の内容を総括しましょう。

 

『中国語の時間詞と時量詞の使い方を紹介』まとめ
  • 中国語で、時間を表す言い方は時間詞と時量詞に区別する
    • 時間詞:時間の点、時刻を表す
    • 時量詞:時間の長さを表す
  • 時間詞は主語の前後、時量詞は動詞の後に置かれる
  • 目的語が場所、もしくは人称代名詞のときのみ、時量詞は目的語の後ろに置く

 

慣れるまでは難しく感じるかもしれませんが、慣れてしまえばほとんど間違いなく使いこなせます。

時間の言い方で迷っている方は、是非今回の記事を参考にしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする