【中国語単語の覚え方】おすすめアプリ『Anki』を紹介

単語

「単語を覚えられない」

「単語帳を買ったけど、あまり役に立たなかった」

「覚えたい単語がたくさんあるけど、覚え方がわからない」

 

こんなお悩みがあるなら「使わないと損」なアプリがあります。

それは『Anki』です。

 

『Anki』とは、暗記カードを作れるアプリです。

『Anki』をおすすめする理由は3つあります。

 

  • 暗記カードを自由に作れる
  • レイアウトや項目を変更できる
  • 勉強のスケジュールを自動で組んでくれる

 

『Anki』はこのような特徴があるため、単語を覚えるのに効果的です。

 

この記事で『Anki』を詳しく紹介します。

 

『Anki』とは?

『Anki』はその名の通り、暗記カードのアプリです。

 

暗記カードとは?

紙の表にヒント、裏に答えが書いてあるカードのこと。

学習者は表のヒントだけを見て、裏の答えを予想する。それから裏を見て、予想した答えが合っていたかどうかを確認する。

呼び方は「暗記カード」の他に「フラッシュカード」「単語カード」などもある。

 

『Anki』を使えば、スマホやPCで暗記カードを活用した勉強ができます。

»Androidアプリ

»iOSアプリ

 

 

『Anki』を始めたきっかけ

僕が『Anki』を始めた理由は「中国語検定1級に合格するため」です。

 

中国語検定1級

中国語検定の最上級。中国語に関する試験の中で最も難しい。

そのため、受験者の中には中国人もいる。にも関わらず合格率は約5%。

特徴は、中国人も知らないような単語や慣用句が出題されること。

 

中検1級は「どれだけ単語を知っているか」、つまり語彙力の勝負です。

 

しかし、僕は単語を覚えるのが苦手でした。

それまで語彙力の強化に取り組んだことはありませんでした。

語彙力をつける方法がわからなかったのです。『キクタン中国語【上級編】』を買ってみたものの、効果なし。覚えたと思っても、すぐに忘れてしまいます。

割れたコップに水を注いでいる感覚でした。

 

単語の覚え方を探しているときに『Anki』を知りました。

そして「ものは試しだ」と思って『Anki』を始めたところ、みるみるうちに語彙力がつきました。

 

『Anki』をおすすめする理由

『Anki』は4つのメリットがあります。

 

  • 最適な復習のスケジュールを自動で組んでくれる
  • 自分専用の暗記カードを簡単に作れる
  • 暗記カードに表示する情報の種類を選べる
  • 暗記カードのレイアウトを自由に変更できる

 

復習のスケジュールを自動で組んでくれる

『Anki』は復習のスケジュールを自動で組んでくれます。

 

単語を覚える鍵は「復習のタイミング」

単語を覚えられるかどうか、その鍵を握るのは「復習のタイミング」です。

 

1度見ただけの単語をすぐに覚えられる人はいません。

単語を覚えるには「復習」が必要不可欠です。

そして、復習において大事なのは「タイミング」です。

 

勉強したばかりで鮮明に覚えている単語は、復習しても意味がありません。

逆に復習していない単語は忘れ、振り出しに戻ってしまいます。

最適な復習のタイミングは、覚えた単語が「忘れるか忘れないかのボーダーライン」にあるときです。

 

『Anki』はこのタイミングを自動で計算して、最適な復習のスケジュールを組んでくれます。

 

たとえば「肃穆」という単語を初めて勉強したとします。

1度見ただけの単語は忘れやすいので、次に「肃穆」が出題されるのは翌日です。

翌日も「肃穆」を覚えていたら、次に「肃穆」が出題されるのはその3日後になります。

2日連続で「肃穆」という単語を勉強したことで、1度見ただけのときと比べて忘れにくくなっているためです。

 

このように、「最適な復習のタイミング」は一定ではありません。

習得の度合いによって複雑に変わります。

 

『Anki』は特別な操作はいらない

復習のベスト・スケジュールを組むために、特別な操作はいりません。

 

『Anki』が復習のスケジュールを組んでくれるからです。

 

ユーザーは表示されているヒントを見て、答えを予想します。

それから「解答を表示」をタップして、答えが合っていたかどうかを確認します。

最後に、この問題を解いた結果を自分で評価します。

 

予想した答えが間違っていたら「もう一度」をタップ。

答えは合っていたけど難しかったと思ったら「難しい」。

すんなり正解できたら「普通」。

もう忘れないほど完璧に覚えていたら「簡単」。

 

『Anki』はこの自己評価を記録していて、それをもとにユーザーの習得状況を計算します。

 

このようにして『Anki』はユーザーの習得状況を把握して、それをもとに最適な復習のスケジュールを自動で組んでくれます。

そのため、ユーザーは自分で復習のタイミングを意識しなくても、単語を効率よく覚えられます。

 

自分専用の暗記カードを作れる

『Anki』を使うと、自分だけの暗記カードを簡単に作れます。

 

スマホアプリ版は手入力で暗記カードを作れます。

PC版は手入力のほか、csvをアップロードすることで何百枚もの暗記カードを一度に作ることもできます。

 

僕は『絶対合格!中国語検定準1級・1級トレーニングブック』から4,000語を抜粋して暗記カードを作りました。

どこにも置いていない「自分専用」の単語帳です。

 

『Anki』は、自分が覚えたい単語だけが入った単語カードを作れます。

そのため、自分の目標に合わせて、単語を効率よく覚えられます。

 

暗記カードに表示する情報を選べる

暗記カードに入れる情報の種類を選べます。

 

デフォルトのカードは「表にヒントが1つ、裏に答えが1つ」というシンプルな内容です。

必要最低限の情報しか入っていません。

『Anki』はこの情報を変更したり、他の情報を追加したりできます。

 

僕は「表にピンイン、裏に漢字・意味・用例・類義語と対義語」を入れています。

ピンインを表にしている理由は、リスニングのためです。

ピンインから意味が浮かぶようになれば、音を聞いて意味を理解することもできるようになります。

 

また、裏に「用例」や「類義語と対義語」を入れているのは、これらを通して単語の印象を深めて、覚えやすくするためです。

 

このように、『Anki』は好きな情報を暗記カードに入れられます。

単語の用例や対義語・類義語を入れれば、その単語は印象に残りやすくなります。

 

暗記カードのレイアウトを変更できる

暗記カードのレイアウトを自由に変更できます。

たとえば文字の大きさや太さ、色を変えたりできます。

 

僕は漢字の表記だけを太字にして、目立つようにしています。

 

単語を覚えるなら『Anki』がおすすめ

「単語を覚えられない」こんなお悩みがあるなら、ぜひ『Anki』を試してみてください。

『Anki』は科学に裏打ちされた方法で単語を勉強できます。

 

単語を覚えられないのは「覚え方を知らないから」だと僕は思います。

記憶力がないからではありません。

正しい方法で単語を勉強すれば、誰でも語彙力をつけることができます。

 

単語を覚えるために大事なのは、「覚えたい」という意志と、タイミングよく復習を繰り返すことです。

これらを可能にする仕組みを『Anki』は備えています

 

  • 暗記カードを自分で作れる = 覚えたい単語だけを『Anki』に追加する = 『Anki』にカードがある単語はすべて覚えたい = 「覚えたい」という意志を持って勉強できる
  • 習得状況に応じて『Anki』が復習のタイミングを計算する = 最適なタイミングで復習できる

 

たとえば、僕は『Anki』を使って、4ヶ月間で4,000個以上の単語を覚えられました。

 

ちなみに中検1級の結果はどうだったかというと……

「不合格」でした。

 

その原因は「4,000語を覚えてもカバーしきれない中検1級の語彙」と「日本語を中国語に翻訳できなかったこと」です。

僕の成績表です。

筆記の5(日本語の文を中国語に訳す問題)が極端に低いです。

 

その一方、筆記の1~3(長文、空欄補充、類義語・説明の選択)は8割正解できています。

これは語彙力がついた結果であると同時に、『Anki』で単語を覚えられたことの証明だと思います。

 

単語を覚えたいなら、『Anki』を試してみる価値はあると思います。

»Androidアプリ

»iOSアプリ

コメント

タイトルとURLをコピーしました