HSKKってどんな資格?概要、レベル、対策の方法まとめ

マイクを正面から写した画像

今回は、HSKKってどんな試験なのか?ということを記事にしたいと思います。

 「HSKKって何?」

という方はもちろん、

 「HSKKって受けた方がいいの?」

 「HSKKを受けてみたいけど、どのレベルから始めたらいいの?勉強法は?」

と思っている方に向けて書いています。

HSKKはかなりおすすめの資格なので、この機会にHSKKのことを知っていただけると幸いです。

HSKKってどんな資格?

鳥が会話をしている画像

HSKKとは「漢語水平口語考試(Hanyu Shuiping Kouyu Kaoshi)」のことです。

スピーキング能力を測定する試験です。

中国語の資格というとHSKや中国語検定が有名ですが、それらとHSKKとの違いは、

 ・HSKと中国語検定:聞く・読む・書くのスキルを測る(中国語検定準1級以上は面接もあり)

 ・HSKK:話すスキルを測る

 となります。

解答の形式は、HSKがマークシートの方式なのに対して、HSKKは質問に対して口頭で解答することになります。

解答は全て、予め用意してある録音機器に録音します。

HSKKのレベルは3つ

HSKKのレベルは初級、中級、高級に分かれています。

HSKKの各級のレベル

引用:HSK日本実施委員会

それぞれのレベルの詳細は、HSK日本実施委員会の公式サイトで詳しく分かりやすく紹介されています。

HSKK口試(初級)

HSKK口試(中級)

HSKK口試(高級)

HSKのレベルに照らし合わせると?

HSKKのレベルは初級、中級、高級に分かれています。

HSKKのどの級から受けたらいいのか分かりやすいように、HSKKのそれぞれのレベルをHSKのレベルに照らし合わせてみました。

目安になる語彙力を基にしてHSKKとHSKのレベルを照らし合わせてみると、下記のようになります。

語彙力の目安

HSKK

HSK

150語

1級

200語

初級

300語

2級

600語

3級

900語

中級

1200語

4級

2500語

5級

3000語

高級

5000語

6級

しかし、上記の対照表には疑問が残ります。

上記の対照表だと、HSKKの難易度が低く見積もられているような気がします。

私はHSKK中級を受けたことがあるのですが、日本人でHSK4級を持っていない人がHSKK中級を取得するのは難しいと思います。

こうなってしまうのは、上記の対照表が「それぞれの資格の目安になる語彙力」を基準にしているからでしょう。

実際は、中国語を聞いたり読んだりするよりも中国語を話す方が難しいので、HSKKの難易度は上記の表よりも高くなります。

HSKKの実際の難易度をまとめてみました

HSK日本実施委員会の公式サイト、そして私や周りの日本人学習者の実体験も踏まえて、HSKKとHSKのレベルを照らし合わせてみました。

HSKK

HSK

1級

初級

2級~3級

4級

中級

5級

6級

高級

 だいたいこんな感じかなと思います。

が、HSKKとHSKを比較すること自体に無理があると思いますので、上記の表はあくまで参考程度に、HSKKを受けるときの目安としてお使いいただければと思います。

HSKKとHSKは試験内容や問題内容が違うので、単純な比較はできません。

HSKKは発音や流暢さも問われます。たとえHSK5級や6級を持っていても、発音や流暢さに問題があればHSKKを取得できない場合も多いです。

現に私の周りでも、HSK6級を持っているのにHSKK中級を落とした人が何人もいます。私もHSKK中級を受けた時点でHSK6級を持っていましたが、HSKK中級は合格基準点ギリギリでした。

HSKKを受験しましょう

縦長のマイクを斜めから写した画像

HSKは受験しておくといいです。将来的に役立つと思います。

HSKKを受験することのメリット

HSKKを受けることのメリットは2つあると思っています。

1つ目は、スピーキング能力が備わっていることの証明になります。

中国語は言語なので「中国語を使って話せる」ということが大事になってくるわけで、そういった会話能力があることを証明できるという点で、HSKKは唯一無二の資格ですね。

HSKの筆記や中国語検定準4級から2級には会話能力を測る試験はありません。

HSKKを受けることの2つ目のメリットは、HSKKの試験勉強を通してスピーキングのスキルを強化できるということです。

「普段は中国語を話す機会がない」という方は、会話能力を強化するためにHSKKに挑戦するという選択肢もありだと思います。

スピーキングの能力=実用的な中国語力

実用的で役立つ中国語を身に付けるには、スピーキング能力が欠かせません。

中国語を勉強する目的は十人十色だと思いますが、どんな目的があるにせよ、中国語を使って会話できるようになりたいですよね。

中国語の文章を翻訳するだけだとか、中国語のメールを読んだり書いたりできればいいという場合は別ですが、ほとんどの場合は「実用的な中国語力=中国語の会話能力」だと思います。

 「仕事で中国語を使う/中国へ旅行する/中国人の友だちと話す/中国人のお客様を接客する…」

いずれにしても、中国語を使って会話する能力が必要です。

履歴書にも書ける

HSKKは履歴書にももちろん書けます。

レベルは初級、中級、高級とありますが、中級以上を持っていれば十分強みになるでしょう。

HSKは会話能力を問われないんですよね。

「実用的な中国語力=中国語で会話する能力」だと考えると、HSKKは「実用的な中国語力」を持っていることの証明になります。

HSKとHSKKを併記することができたら最高ですね。

「聞く・話す・読む・書く」の4つの技能を備えていることを証明できます。

HSKKはこれからもっと重要視されてもおかしくない資格だと思っています。

日本人は漢字を知っているので「HSKや中国語検定の上級レベルを取得できても中国語を話せない」という学習者が少なくありません。

日本人学習者だからこそ、「中国語を話せる、中国語で会話する」というスキルは得難いと同時に、中国語学習者としての大事なスキルになってくると思います。HSKKは中国語を話せることの証明になるため、日本人学習者だからこそ目指すべき資格であると言えるのではないでしょうか。

HSKKの勉強法

水飲み場で話す鳥の画像

HSKKの勉強法をご紹介します。

HSKKの勉強法は、HSKや中国語検定を勉強するときと異なったアプローチが必要だと思います。

HSKKとHSK・中国語検定とでは、試験内容や問われるスキルが異なるからです。

HSKKの過去問は使えます

HSKKの過去問をやってみましょう。

HSKKの過去問をやることの狙いは、

 HSKKの試験内容と問題内容を理解すること 

 HSKKの解答のコツを掴むこと

 の2つです。

HSKKはスピーキングの試験ということで、試験内容や問題内容がHSKや中国語検定のそれと全く違います。

事前にHSKKの試験の段取りや問題内容を把握しておきましょう。

また、HSKKの解答のコツを掴んでおくことも大事です。

HSKKの過去問に載っている模範解答を見て、どうやって解答すればいいのかを知っておきましょう。

おすすめは、模範解答を暗記してしまうといいと思います。試験内容から問題内容、解答のコツまでを一気に掴むことができます。

HSKKの公式過去問集を使うといいでしょう。

《HSK公式過去問集 口試 2013年度版改訂版》

こちらのHSKKの公式過去問集は、HSKKの初級、中級、高級の過去問がそれぞれ5回分ずつ収録されています。

一冊でHSKKの全ての級の過去問が収録されているので、一冊持っておくとHSKK高級を取得するまで使えます。

シャドーイング

シャドーイングは、HSKKの勉強法として効果的です。

「HSKKの試験勉強」は「スピーキング能力を強化する」こととほぼ同義だからです。

スピーキングを強化するために有効な勉強法であるシャドーイングは、HSKKの勉強法としても有効です。

シャドーイングとは、

 「聞こえてくる中国語の音声を、聞こえたままに発声する」

 という勉強法です。

シャドーイングのやり方自体はシンプルで、

 ①中国語の音声を聞く

 ➁聞こえてくる中国語を、一字一句変えずに音声に続いて発声していく 

 となります。

方法自体はシンプルですが、実際にやってみると意外と難しい勉強法です。

シャドーイングには中国語の音声が必要です。

シャドーイングに使う中国語の音声は、ぶっちゃけ何でもいいと思います。

私のおすすめは、HSKKの過去問に載っている模範解答の音声です。シャドーイングをやってスピーキングを強化しながら、解答のコツを掴むこともできて一石二鳥です。

関連記事:中国語のシャドーイングのすすめ【効果と方法を紹介】

暗唱

暗唱もスピーキング能力を強化する勉強法として効果的です。

暗唱は、

 中国語の文章を暗記して、暗記した文章を何も見ないで発声する

 という練習法です。

暗唱の方法は、

 ①中国語の文章を暗記する

 ➁暗記した中国語の文章を何も見ないで発声する

 ③自分が発声した中国語を録音しておき、見直しをする 

 というのが基本になります。

HSKKの過去問の模範解答を暗唱してみるのがおすすめです。

HSKKの過去問の模範解答を全て暗唱し終わったら、HSKのリスニングの問題や、中国語が高級レベルの方はCCTVのニュースなどを暗唱してみるのも効果的です。

関連記事:中国語の暗唱のコツ【中国語の効果的な勉強法を紹介】

シャドーイングと暗唱、どっちが効果的?

シャドーイングと暗唱はどちらも、スピーキングの練習として非常に効果的です。

シャドーイングと暗唱のどちらを優先させるかは、強化したい具体的なスキルによって決めればいいと思います。

 発音や流暢さを強化したい → シャドーイング

 自分で文章を組み立てる能力を鍛えたい → 暗唱 

 という感じです。

日頃からスピーキングを強化しましょう

HSKKを受けるなら、常日頃から中国語のスピーキング能力を鍛えていることが大事だと思います。

話すのって、聞いたり読んだりするのよりも難しいんですよね。

単語や文法を覚えているだけじゃ話せるようにはなりませんし、発音が上手くても語彙や文法知識が足りないと、やっぱり流暢に話すことはできません。

 

リスニングや読解の資格なら、一日6時間から12時間くらいの勉強を一週間やれば合格を狙えると思いますが、スピーキングの資格であるHSKKは、試験本番直前の勉強だけじゃ厳しいと思います。

(参考記事:中国語検定/HSK本番直前の勉強法【一週間前から合格を狙う】

 

HSKKを受けるのであれば、常日頃から中国語を話す機会を作って、スピーキングの練習をしておくのが一番だと思います。

 

中国語を話す能力は、実際に中国語を話すことによってしか上達しないと考えています。

シャドーイングや暗唱を毎日やったり、中国語のネイティブスピーカーと話したりして、日頃から話す練習をしておきましょう。

 

今回の記事は以上となります。

中国語の会話能力を証明する資格「HSKK」をご紹介してきました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする