HSK5級の勉強法【ポイントは過去問×語彙力×文章力】

散らかった机で勉強している様子

今回は、HSK5級の勉強法についての記事です。

私は2012年12月にHSK5級を取得しました。中国語を始めてから7ヶ月目のことでした。

この記事では、私がHSK5級を取得するために行っていた勉強法をまとめてみたいと思います。

この記事で紹介することは私の実体験を総括したものなので、

 「HSK5級を取得するためにどうやって勉強すればいいのかわからない」

 「HSK5級を取得した人がどんな勉強法だったのか知りたい!」

というお悩みにお答えできると思います。

尚、HSK4級をまだ持っていない、あるいはHSK4級のレベルまで達していないという場合は、先にHSK4級レベルの実力を目指すのがおすすめです。

HSK4級の勉強法は以下の記事で紹介しています。

HSK4級の勉強時間の最短は?【私が4ヶ月で一発合格した方法】


今の自分のレベルを知りたい場合は、HSK日本実施委員会が提供しているレベルチェックテストを受けてみるといいかもしれません。

HSK5級対策の概要

2本の鉛筆とノートの画像

HSK5級対策のポイントは3つあります。

 ◆HSK5級の勉強法

  (1) 語彙力の強化

  (2) 文章力の強化

  (3) 過去問を繰り返すこと 

上記の3点がHSK5級対策のポイントになると私は考えています。

これから詳しく紹介していきます。

HSK5級のレベル

白紙の広げたノート、スマホ、鉛筆、眼鏡の画像

今のあなたの語学力が大体HSK4級くらいのレベルで、これからHSK5級に挑戦する場合、躓きやすいポイントが2つあります。

1つ目は、HSK5級の頻出単語が2,500語もあることです。

学習目安

主に週2~4回の授業を2年間以上習い、2,500語程度の常用単語を習得している者を対象としています。

引用:HSK公式サイト

HSK4級の頻出単語は1,200語とされているので、HSK4級→5級と級を上げると、求められる語彙力も2倍以上に増えることになります。

2つ目は、HSK5級では作文問題が出題されることです。

HSK日本実施委員会のホームページによると、HSK5級の作文問題の内容は下記の通りです。

(1)単語が与えられ、その単語を使って80字程度の中国語文を作る。

(2)写真が与えられ、80字程度で写真に関する中国語文を作る。

引用:HSK公式サイト

HSK4級の作文問題は文字数の要求がなく、単語を与えられることもありませんでした。

HSK4級の作文問題と比べると、HSK5級の作文問題は難易度が高くなっていることがわかります。

上記の2点から、HSK5級の勉強法としては【語彙力】と【文章力】を強化しつつ、【過去問】を繰り返してHSK5級の出題形式に慣れることが効果的だと考えています。

HSK5級対策のポイントは分かりましたね。

ここからは、上記のポイントを踏まえた具体的な勉強法をご紹介します。

HSK5級の具体的な勉強法

小さなノートに何かを書き込む様子

HSK5級の勉強法は、過去問を解くことがメインになります。

過去問を解くことをメインに、サブとして語彙力と文章力の強化に取り組むと効果的です。

HSK5級の過去問を解きながら、過去問に出てきた知らない単語を勉強すると同時に、その単語を使って作文の練習をするというのが基本的な構図になります。

HSK5級の過去問を繰り返す

HSK5級の過去問を繰り返し解きます。

過去問を繰り返し解くことの狙いは、

 (1) 語彙力を強化すること、

 (2) リスニング・リーディング・ライティングのスキルを強化すること、

 (3) HSK5級の試験形式や出題傾向に慣れること

 の3つです。

上記(2)と(3)は、効果が現れてくるまでひたすらHSK5級の「繰り返し」過去問を解くのがコツです。

見も蓋もありませんが、過去問を繰り返すのは効果的な勉強法です。

HSKや中国語検定などの資格試験の勉強法は「過去問を繰り返すこと」が何よりも効果的だと考えています。

私は中国語検定準1級の勉強でも過去問を繰り返し解く方法をメインにしていて、結果として中国語検定準1級を取得できました。

中国語検定準1級を取得するまでの過程や過去問の効果は以下の記事にまとめています。

中国語検定/HSKの過去問の活用法マニュアル

中国語検定/HSK本番直前の勉強法【一週間前からでも合格できる】

HSK5級の勉強では【語彙力の強化】が必要だという話をしましたが、語彙力の強化にもHSK5級の過去問を活用します。

HSK5級の過去問を使って語彙力を強化する方法をご紹介します。

単語ノートで語彙力強化

単語帳を使って語彙力を強化します。

語彙力を強化する流れは、HSK5級の過去問を解く → 知らない単語をノートにまとめて単語ノートを作成する → 単語ノートに書いてある単語を全て覚える、という流れです。

覚えるべき単語をHSK5級の過去問から抜粋するのがポイントです。


具体的な方法は、HSK5級の過去問を一回分やってみて、単語ノートの作り方の記事を参考にして単語ノートを作成し、単語の覚え方の記事を参考にして単語を覚えていくといいでしょう。

日記で文章力を強化

日記を書いて文章力を強化します。

日記は100字前後で大丈夫です。

HSK5級の作文問題の必要文字数は80文字程度だからです。

毎日100文字前後の文章を書いていれば、HSK5級本番でも80文字の文章を書くことはできます。

 

ただ、日記もHSK5級対策の一環ということでもう一工夫。

日記を書きながらHSK5級の単語も覚えてしまいましょう。

どうするかというと、HSK5級の単語を意識的に使って日記の文章を書きます。

使う単語は、過去問に出てきた知らない単語の中からいくつか選ぶといいと思います。

 

中国語の日記の書き方は以下の記事で詳しく紹介しています。

中国語日記で語学力上達!書き方や例文も紹介

 

もうひとつ有効な対策としては、作文のテンプレートを考えておくことですね。

予めテンプレートを考えておくだけで、作文がずっと書きやすくなります。

HSK5級の作文の対策と書き方【テンプレートを公開します】

 

語彙力と文章力を強化するにしても、根幹はHSK5級の過去問を解くところから始まります。

まだHSK5級の過去問を解いていない場合は、何よりもまず過去問を解くことから始めましょう。

 

以下はHSK5級の公式過去問集です。

これから過去問に取り組む方はこの公式過去問集から始めるといいでしょう。

 

以下はHSK5級の問題集です。過去問集ではありませんが、HSK5級の出題内容に沿ってきちんと設計されたいい問題集です。

内容はHSK5級の模擬試験問題10回分と盛りだくさんで、丁寧な日本語の解説も付いています。

 

今回の記事は以上となります。

コメント

  1. 古宮 正雄 より:

    樹樹様:
    樹樹様のコラムを大いに参考にさせて頂き、勉強し、12月に5級の試験を受ける者です。解答用紙の書き方について、1点お教え下さい。回答は「マークをつける」とありますが、答えは[A]のようになっていますが、〇でAを囲むのでしょうか?枠にそって〇をつけるのが良いのでしょうか? それとも、塗りつぶすのでしょうか?

    宜しくお願い致します。

    • shushu9625 より:

      コメントありがとうございます。
      解答用紙の書き方としては、[ ]の中を黒く塗りつぶします。
      [ ]の枠の中を四角く塗りつぶす感じですね。