中国語検定準1級の対策【僕が本番前一週間でやった勉強方法を紹介】

中国語検定

今回の記事は、中国語検定準1級の対策についてです。

僕は2018年11月、第96回中国語検定準1級に合格しました。

 

中国語検定準1級はHSK6級以上の難関。受けるからには合格したいと思う一方、本当に合格できるかどうか不安ですよね。

試験本番が迫ってくると尚更、その不安に拍車がかかることと思います。

僕もその経験があり、本番の一週間前は申し込んだことを後悔するレベルでした。

 

そんな不安を少しでも解消するために、僕が中国語検定準1級の一次試験に合格したときの勉強法を参考としてまとめました。

 

結論、僕がやったのは「過去問を繰り返し解く」ただこれだけです。

 

過去問のメリットや活用法を、3分ほどでザッとご紹介していきますね。

 

中国語検定準1級対策でやったこと

冒頭でも述べた通り、中国語検定準1級を目指して僕がやったことはシンプル。

「過去問を繰り返し解く」ただこれだけです。

他の参考書やツールは一切合切使いませんでした。

 

僕が中検準1級に受かるまで
  • 10月25日(木)第96回中国語検定準1級(11月25日実施)に申し込み。
  • 11月18日(日)試験本番一週間前になって「ヤバい!」と思い試験対策スタート。ひたすら過去問を解きまくる。
  • 11月25日(日)第96回中国語検定準1級本番。
  • 12月13日(木)中検ホームページに合否掲載。結果は合格。

 

試験本番一週間前は正直マズいと思っていましたが、過去問をひたすら繰り返し解いた結果、無事に合格できました。

中国語検定準1級合格を狙うなら、過去問を繰り返し解くのが一番効果的だと思います。

その理由をザッと解説しますね。

 

過去問を繰り返し解くのが効果的な理由

過去問を繰り返し解くといい理由をまとめました。

 

  • 「過去問が良い」の理由:試験の形式に慣れることができる
  • 「繰り返し解くと良い」の理由:単語や表現の知識を上積みできる

 

試験には試験の解き方がある

中国語検定準1級は単純な「中国語力」の勝負ではなく、解答の「こつ」があります。

 

慣れていないと「この問題に対してはどう解けばいいんだろう?」と考えないといけません。

一方、試験の形式に慣れていれば、「この問題はこう解けばいい」というのがわかるので、そのぶん解答に集中できます。

 

試験は時間が決まっている

中国語検定準1級の解答時間は120分と決まっています。

 

音声に従うリスニングはまだしも、筆記で時間が足りなくなると大幅な得点のロスに繋がります。

時間内に最後までしっかり解答できるように、過去問を使ってペース配分を掴んでおいたほうがいいです。

 

過去問から単語を覚えられる

同じ過去問を何周も解いていると、その過去問に出てくる単語を覚えることができます。

 

全部の単語を覚えられるわけではありませんが、「解答のカギになるような単語」「繰り返し出てくる重要な単語」はかなり覚えることができます。

こうして覚えた単語の知識は、試験本番でも役立つ可能性があります。

 

上記が、中国語検定準1級対策に過去問が有効と思われる理由です。

試験の形式に慣れて「解答のこつ」を掴むことができたほか、単語などの「語学力そのもの」も向上し、一挙両得という感じでした。

 

これは過去問そのものの効果と同時に、僕の勉強法に依るところもあったと思います。

ここからは「僕が過去問でどう勉強したか?」をご紹介しますね。

 

中検準1級過去問、僕流の使い方

僕は高電社の『中国語検定過去問WEB』というサービスを使いました。

有料サービスですが、第59回以降の過去問を月額~2,100円で使い放題という優れものです。

僕はこれを下記のように使いました。

 

  1. 本番形式で過去問1回分を解いてみる
  2. とにかく何度も繰り返し解く
  3. リスニングと筆記の内、どちらか一方のパート(苦手なほう)に絞る

 

まずは本番形式で解いてみる

過去問1回分の進め方については、僕はシンプルに、本番と同じ形式で最初から最後まで解きました。

その後は結果を見て間違えた問題とその理由を確認し、知らない単語を紙に書くという手順で進めました。

 

過去問数回分を何周も繰り返す

この手順で、第75回から第95回までの過去問を何周も繰り返し行いました。

後ほどデータを公開しますが、例えば第95回の過去問は1週間で6度もやっています。

 

1度解いた過去問を次にまた解くまでの間隔

同じ過去問を2度連続で解いても、模範解答をはっきり覚えてるので意味ありません。

逆に1度目と2度目の間隔を開けすぎても効果が薄まります。

 

よって僕は、間隔を「半日~1日」の中で調整する、つまり「最初は短い間隔で繰り返し、徐々に間隔を長めにとっていく」といいと思います。

 

例えば正午に第95回の過去問を解いたら(1度目)、当日夕方以降に2度目の第95回を解きます。

2度解いたことで第95回の内容を覚えてきているはずなので、3度目は1日後の翌日午後にする、、、という感じです。

 

過去問で苦手なところがわかる

本番と同じ形式で過去問を解いているうちに、僕はリスニングは問題ない反面、筆記は極めて弱いことがわかりました。

 

「リスニングは合格基準点を10点も上回ってるのに、筆記はあと20点も足りない→不合格」みたいなことが頻発し、、、

「筆記を何とかしなければ落ちる」ということで、筆記のパートだけをとにかく繰り返し練習するようにしました。

 

例えば第95回の過去問は6回やりましたが、本番形式でやったのは最初の1回だけです。

残りの5回は筆記のパートだけをやりました。

 

僕は筆記のパートが苦手だったので筆記だけをやりましたが、リスニングが苦手ならリスニングだけをやっても良いと思います。

要は「苦手なパートに絞る」ことが大事です。

こうすることで過去問1回あたりに使う時間が減り、そのぶん回転率が上がり、過去問を解く回数を増やすことができます。

 

僕のデータを公開します

2018年11月当時、第96回中検準1級を控えた僕の、過去問の受験履歴を公開します。

『中国語検定過去問WEB』は受験履歴が残るので、僕の当時のデータもそのまま残っています。

 

 

内容のところが一部「不明」となっているのは、『中検過去問WEB』のコースの有効期間が過ぎてしまい、履歴を確認できなかったからです。

日時や第○回といったデータは有効期限が切れる前にExcelに控えたのですが、細かい内容までは控えていませんでした、、、

 

とは言え、日付と第○回、そしてモードをご覧いただければ、大体のイメージは掴んでいただけると思います。

 

中検過去問の入手法(ツール)は3通り

中国語検定準1級の過去問は、下記の3通りの方法で入手することができます。

 

僕の考えとしては、

  • 受験のために勉強するなら『中国語検定過去問WEB(高電社)』
  • 受験勉強だけでなく、試験が終わってからのことも考えるなら『中検準1級試験問題 解答と解説』
  • 過去問をやったことがなくて、試しにやってみたいなら「無料の試験問題・解答」

がそれぞれおすすめです。

 

中国語検定過去問WEB』は1ヶ月コースなら2,100円で、第59回以降の過去問を使い放題なのでコストパフォーマンス良好です。

ただ、期間ごとのコース制なので、使い続ける限り使用料が掛かるのがデメリットです。

 

「試験が終わってからもシャドーイングやディクテーションに過去問を使いたい」という場合は、書籍の『中検準1級試験問題 解答と解説』のほうをおすすめします。

 

上記2つの方法はお金がかかるので、、、「まずは手軽に試してみたい」という場合は、無料で入手できる過去問をおすすめします。

日本中国語検定協会のウェブサイトで、第94回以降の過去問をPDF形式でダウンロードできます。

こちらから直接、中国語検定協会の「試験問題・解答」DLページへ飛べます。

 

無料配布版はリスニングの音源がないので本番形式は無理ですが、、、

リスニング原稿はあるので、それを参考にするといいと思います。

筆記のパートは完全に再現できます。筆記パートを練習したり、単語を覚えたりするのに十分使えると思います。

 

、、、ということで、今回はこのくらいにしたいと思います。

まとめると、「中国語検定準1級合格を目指すなら、過去問を繰り返し解くのがおすすめです」という話でした。

受験勉強は人によって好き嫌いあるとは思いますが、普段過去問をやらない方も、本番前の1週間くらいは過去問をやってみてもいいのかな?と個人的には思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました